カラダとココロ、毎日の生活をキレイに。

綺麗になりたい!

【髪をツヤツヤにする方法】パサパサになる原因①

更新日:


ユキめぐみ
『髪は、女の命』って言いますよね

詳しい語源は不明ですが、少なくとも平安時代から

女性は、髪を大切にしてきました。

 

  (↓クリックすると、スクロールします)

スポンサーリンク



髪の構造

髪を保護してくれるのは、キューティクル

 

髪はアミノ酸という、タンパク質から作られています

髪の毛の構造というのは、お寿司のカッパ巻きのようになっていて

真ん中のキュウリ = 細胞(髪の毛の芯)

中のご飯 = 中間細胞(養分)

外の海苔 = キューティクル(髪を保護する)

 

このキューティクル(海苔)が

剥がれたり、傷んだりすると

髪がパサパサになってしまいます

 

【摩擦】髪が濡れたまま寝る・強いブラッシング

濡れた髪は、刺激に弱い

 

強い力で、ブラッシングすると

キューティクルが剥がれ、ダメージの原因になります。

 

髪が濡れたまま眠ると、枕の摩擦で髪が傷んでしまいます

寝ている最中に、髪が折れ曲がり

切れ毛・クセ毛の原因にもなります

また、頭皮や枕カバーに雑菌が繁殖しやすくなります。 

 

【熱】ドライヤー・アイロン・コテ

高温の熱が、髪にかかりすぎると

髪は「タンパク変性」を起こします

髪の内部のタンパク質が、硬く変化してしまう現象です。

 

ドライヤーをかけるときは、15cm以上離し

10分くらいを目安に、終わらせるようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク







                            ↓ほかの方の、美容ブログがみたい!↓

 

-

Top

Copyright© 綺麗になりたい! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.