カラダとココロ、毎日の生活をキレイに。

綺麗になりたい!

【肌トラブル:シミ・そばかす】シミの種類

投稿日:


 

  (↓クリックすると、スクロールします)

スポンサーリンク



老人性色素斑・肝斑・そばかす

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

肝斑(かんぱん)

そばかす 別名:雀卵斑(じゃくらんはん)

 

主に、紫外線が原因で出来ます。

シミの中で、もっとも多い「老人性色素斑」は

頬骨・コメカミなどに、出来やすく

大きさは、まちまちですが

平たく・丸みのある、色素斑であることが多いです。

他にも、30~40代の女性によく見られ

頬骨・額といった部分に、左右対称に現れて

閉経とともに、消えることが多い「肝斑」や

遺伝的な要因から出来る、小さくて不規則な形の斑点

そばかす(雀卵斑)などがあります。

 

【対策】

シミ専用・美白作用のある化粧品に、効果が期待できます。

しかし、薬ではなく化粧品ですので

完全に無くなるというよりは、目立たなくなるまで

シミが薄くなるという、認識に留めた方が良いと思います。

 

【治療法】

これらは、医療機関が処方する

「ハイドロキノン」や「ルミキシル」「トレチノイン」を

直接塗布して、治療するケースが多いです。

ハイドロキノン・ルミキシルは、肌のトーンを明るくし

トレチノインは、表皮のターンオーバーを早めます。

また、内服薬では

ビタミンC・ビタミンE・トラネキサム酸などを内服します。

ビタミンC・トラネキサム酸は、皮膚の表面から

電気的に導入する、イオン導入

エレクトロポレーションなどでも用いられます。

その他、ケミカルピーリング・レーザー

光治療などを、組み合わせることがあります。

ただし肝斑に、老人性色素斑・ソバカスの

治療と同じようなレーザー・光治療を

行うと、悪化する場合があります。

肝斑に可能なレーザーは、現在のところ

レーザートーニングという、マイルドな出力で当てる方法のみです。

 

 

遅発性両側性太田母斑・脂漏性角化症

遅発性両側性太田母斑(ちはつせいりょうそくせいおおたぼはん)

別名:後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)

 

脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)

別名:老人性イボ

 

【遅発性両側性太田母斑】

別名:後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)は

目の周り・頬などに出来る

日本人によく見られる、茶褐色や青色のあざで

思春期~20歳を、過ぎた頃に現れます。

できる部位は、肝斑とほぼ同じですが

ひとつひとつの、色素斑の大きさが

比較的、均一で肝斑よりも若年に発症します。

 

【脂漏性角化症】

角化が進んで、イボのように突出するシミです。

 

【治療】

これらは、美白作用のある化粧品では

効果が、あまり期待できません。

そのため、一般的にはレーザー治療を行います。

遅発性両側性太田母斑には、Qスイッチレーザー

脂漏性角化症には、CO2レーザーを用います。

 

 

スポンサーリンク







                            ↓ほかの方の、美容ブログがみたい!↓

 

-

Top

Copyright© 綺麗になりたい! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.