カラダとココロ、毎日の生活をキレイに。

綺麗になりたい!

【肌トラブル:ニキビ】ニキビ跡の治し方と種類

投稿日:



  (↓クリックすると、スクロールします)

スポンサーリンク



ニキビ跡の治し方

ニキビ跡とは、ニキビが悪化して

に深刻なダメージを、与えることによって

肌に、色素沈着・クレーターのような

凸凹の穴が、残ってしまうことです。

 

肌は表皮・真皮・皮下組織の、3層になっていて

皮膚の、外側である表皮は

約28日周期で、ターンオーバー(新陳代謝)くり返しています。

この表皮の、炎症でとどまれば

ターンオーバーの力で、自然に跡が消えていきますが

真皮以下の、組織がダメージを受ければ

回復できずに、ニキビ跡となります。

一度、ニキビ跡が残ってしまえば

セルフケアでは、完治が難しくなりますので

自己改善と、専門機関を受診されるのがオススメです。

 

【参考ページ】

【肌トラブル:ニキビ】ニキビの治し方①

【肌トラブル:ニキビ】ニキビの治し方②

 

ニキビ跡の種類

 

 

【炎上が治らず、赤みがあるニキビ跡】

ニキビは治っていますが、炎症が治まらず赤みが残っている状態です。

赤く見えるのは、ニキビによる炎症で傷ついた皮膚の修復のため

新たに作られた毛細血管が、薄くなった皮膚を通して見えるからです。

炎症がひどい場合には、表皮の奥にある真皮にまでダメージが及び

毛細血管から漏れ出た、血液が変色してしまい

赤紫・紫色の、アザのようなニキビ跡になる場合もあります。

炎症が治まれば、赤味も治まりますが

悪化すると、色素沈着による茶色のニキビ跡や

厄介なクレータータイプの、ニキビ跡になってしまいます。

 

【色素沈着による、茶色のニキビ跡】

ニキビが、治った後にできる

シミのようなニキビ跡で、色素沈着の一種です。

ニキビの炎症により、肌が刺激を受けた時

皮膚(真皮)を守るために、生成されるメラニンが原因です。

通常、役割を終えたメラニンは

のターンオーバーと、同時になくなりますが

シミ同様、ターンオーバーが

上手く行われていないと、メラニンが排出されず

茶色い色素沈着の、ニキビ跡として残ってしまいます。

 

【クレータータイプ(凹凸)のニキビ跡】

皮膚の真皮が破壊され、肌表面が陥没している状態のニキビ跡です。

乾燥肌で、皮膚が硬い肌質の方・炎症を起こしやすい体質の方

それから、ニキビを潰して炎症を悪化させたり

膿んで、腫れてしまった重度のニキビが

このような状態に、なりやすいと言われています。

 

皮膚が陥没して、凹凸ができる

原因は、皮膚の免疫機能です。

ニキビに刺激を感じると、炎症を鎮めようと皮膚の免疫機能が働き

その時、皮膚組織が破壊されてしまいます。

皮膚の表皮は、ターンオーバーで新しい細胞に生まれ変わるため

破壊されても、修復が可能ですが

その奥にある、皮膚の本体とも言える真皮は

一度破壊されると、表皮の様に再生することができません。

皮膚の奥・真皮までダメージを与え、破壊してしまうと

クレータータイプの、ニキビ跡ができてしまいます。

 

形状も様々で、針で刺したような細長く尖った形の凹み

幅5mmくらいの、底が丸みを帯びている凹み

底が平らになっている、凹みなどがあります。

 

スポンサーリンク







                            ↓ほかの方の、美容ブログがみたい!↓

 

-

Top

Copyright© 綺麗になりたい! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.