カラダとココロ、毎日の生活をキレイに。

綺麗になりたい!

【美肌になる方法】混合肌のスキンケア

更新日:


 

  (↓クリックすると、スクロールします)

スポンサーリンク



混合肌のクレンジング

クレンジング剤は、いつも同じものではなく

メイクの濃さによって、使い分けるのがオススメです。

しっかりメイクの日は、ジェル・リキッドタイプ

ナチュラルメイクの日は、ミルク・クリームタイプ

オイルタイプの、クレンジング剤は洗浄力が強く

必要な皮脂まで、取り除いてしまい

乾燥を、悪化させてしまう場合もあります。

【参考ページ】

【美肌になる方法】脂性肌のスキンケア

【美肌になる方法】乾燥肌・敏感肌のスキンケア

 

混合肌の洗顔

その肌の状態に応じた、洗顔料を選ぶのが良いとされています。

混合肌は、色々な肌タイプが混在しているとはいえ

肌悩みは、乾燥と深い関わりがあるとされているので

基本的には、保湿を意識したスキンケアを行うことが大切です。

 

【普通肌+肌性肌】

化粧水で、顔全体に水分を補ったあとは

Tゾーン(額・鼻)などを、中心に部分的に

過剰な、皮脂を抑えるお手入れをします

 

【普通肌+乾燥肌】

乾燥しやすい部分の、保湿を意識したお手入れを中心に行います。

全体的なお手入れをしたら、Uゾーン(頬・あご)や

目の周り・口の周りなど、化粧水の重ねづけや

保湿成分が配合された、美容液を使い

最後は、顔全体に乳液・クリームを塗って

水分をしっかり補う、お手入れをします。

 

【脂性肌+乾燥肌】

オイリーになりがちな部分と、乾燥しやすい部分の

それぞれに、合わせたお手入れが必要です。

どちらかに、合わせるのではなく

両方の肌タイプの、お手入れを取り入れる必要があります。

 

【参考ページ】

【美肌になる方法】脂性肌のスキンケア

【美肌になる方法】乾燥肌・敏感肌のスキンケア

 

混合肌のスキンケア

脂性肌と、乾燥肌が

部分的に、混在している事の多い

混合肌ですが、実はどちらの部分も

本質的には、乾燥している場合が多いです。

混合肌の、スキンケアでは

「保湿」 ・「水分・油分のバランスを整える」

意識することが、重要になります。

 化粧水で、角層をしっかり潤した後

乳液・クリーム・オイルなどの、適度な油分で

潤いを逃がさないように、基本を押さえたうえで

部位ごとの、特徴に適したスキンケアをします。

Tゾーン(額・鼻)には、脂性肌のスキンケア化粧品を

Uゾーン(頬・あご)には、乾燥肌の

スキンケア化粧品を、選ぶのが理想的です。

 

Tゾーン(額・鼻)は、皮脂腺が多く

顔の中では、最もべたつきやすい部分であり

皮脂が分泌される、原因は乾燥にあるので

不要な皮脂を取り除いて、保湿してあげます。

乳液の、つける量を減らし

油分の多いクリームなどは、避けた方が無難です。

余分な皮脂を放っておくと、肌の上で酸化してしまいますので

ベタつきが気になったら、あぶら取り紙

ティッシュなどで、軽く抑えて下さい。

 

Uゾーン(頬・あご)は、皮脂腺が少ないため

乾燥しやすく、肌を守るバリア機能が弱まり

外部からの、刺激も受けやすくなります。

乾燥を防ぐためには、とにかく保湿することです。

かさつく部分には、乳液・クリーム

オイルを、重ねづけするのも有効です。

オールインワンタイプのものは、できれば避けて

乾燥部分のケアを、優先したものを選ぶのがオススメです。

 

【参考ページ】

【美肌になる方法】脂性肌のスキンケア

【美肌になる方法】乾燥肌・敏感肌のスキンケア

 

スポンサーリンク







                            ↓ほかの方の、美容ブログがみたい!↓

 

-

Top

Copyright© 綺麗になりたい! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.