カラダとココロ、毎日の生活をキレイに。

綺麗になりたい!

【美肌になる方法】混合肌(ドライ&オイリー)の特徴

更新日:


 

  (↓クリックすると、スクロールします)

スポンサーリンク



混合肌の特徴

皮脂量は多いのに、カサカサに乾燥して肌荒れする

肌のキメが荒く、目もと・口もとなどの

まわりに、こまかなシワが見られる

化粧くずれしやすい

洗顔後、肌がつっぱる

 

頬は、乾燥肌で

Tゾーン(額・鼻)は、脂性肌など

顔の部位によって、肌質が分かれてしまう人を混合肌といい

日本人のほとんどの方が、混合肌と言われています。

季節によっても、肌の状態が

変わりやすいという特徴があります。

暖かい時期は、脂性肌よりに

寒い時期は、乾燥肌よりになりますので

時期に合わせて、スキンケアも変える必要があります。

 

肌質の組み合わせは、色々あり

普通肌+脂性肌

普通肌+乾燥肌

脂性肌+乾燥肌

※ あくまで一例です

肌トラブルは、普通肌に次いで

軽度な場合が多いのですが、その部分に合った

ケアが必要ですので、手のかかるタイプではあります。

 

混合肌かを、見極めるなら

体調・寝不足・生理前などにも

肌の状態は、左右されやすいので

1~2日で、自己判断するのではなく

長期的に、自分の肌を観察して下さい。

例えば、お昼休みに鏡を見て

皮脂で、テカリやすくなっている部分や

化粧が、くずれ気味な部分はないか

カサカサしていたり、小ジワが目立つところはないか

意識しながら、メイク直しをしてみたり

洗顔のあとに、10分程度

そのまま、化粧水をつけずに様子を見て

皮脂が多く出ている所や、乾燥しやすい所がないか

見てみるのも、ひとつの方法だとされています。

さらに、詳しく自分の肌タイプが知りたいという方は

コスメカウンターや、専門医に相談するのもオススメです。

【参考ページ】

【美肌になる方法】肌質診断

 

普通肌+脂性肌

皮脂量が多い、オイリー肌(脂性肌)と

水分量・皮脂量の、バランスが良い

普通肌が、混ざったタイプの混合肌です。

この肌は、オイリー肌(脂性肌)に

カテゴライズされる場合もあります。

Tゾーン(額・鼻)など、皮脂量が多い部分に

テカリやべたつきを感じやすいですが

Uゾーン(頬・あご)など、そのほかの部分は

ほどよく潤いがあり、乾燥があまり気になりません。

このタイプの場合、オイリーになりがちな部分が目立って

過剰な皮脂を除去した、お手入れをしがちですが

顔全体の、皮脂を取ってしまうと

Tゾーン以外が、乾燥してしまう場合もあります。

基本的な、洗顔・スキンケアに

部分的に、脂性肌のお手入れを加えて

顔全体の、皮脂量のバランスを取るようにして下さい。

 

普通肌+乾燥肌

水分量・皮脂量が、ともに少ない乾燥肌と

普通肌が、混ざったタイプの混合肌です。

一般的に乾燥しやすいと、言われるUゾーン(頬・あご)や

目・口の周りがつっぱり・カサカサしているが

他は適度にうるおい、皮脂でテカることもあまりない

という肌を、指すことが多いようです。

この肌は「乾燥肌」とカテゴライズされる場合もあります。

この場合は、普段のスキンケアに

乾燥しやすい部分を中心とした、保湿のお手入れを加えて

皮脂量の差を、埋める事を意識して下さい。

 

脂性肌+乾燥肌

真逆の肌タイプをあわせ持ち、お手入れに困るのが

脂性肌+乾燥肌が、組み合わさったタイプです。

一般的に、混合肌というと

この組み合わせの事を、言う場合が多いようです。

Tゾーン(額・鼻)と、Uゾーン(頬・あご)の

皮脂量の、差が激しいので

Tゾーンを意識した、洗顔やスキンケアをしたら

Uゾーンが、ますます乾燥してしまう

といった、肌悩みを持つ場合があります。

Uゾーン以外にも、目の周り・口の周りは

乾燥しやすい、部分とされています。

Tゾーンは、テカリやすいけれど

目の周り・口の周りは、カサカサしている

という方も、このタイプかもしれません。

皮脂量に、大きな差があるというときは

一方の肌タイプに意識を向けた

お手入れをするのではなく、部分的な特徴に応じて

異なる洗顔方法・スキンケアを、すると良いといわれています。

 

スポンサーリンク







                            ↓ほかの方の、美容ブログがみたい!↓

 

-

Top

Copyright© 綺麗になりたい! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.