カラダとココロ、毎日の生活をキレイに。

綺麗になりたい!

からだ

【美肌になる入浴法】入浴剤の種類

更新日:


ユキめぐみ

入浴剤の種類は、大きく分けて6種類に分類できます。

他にも、岩塩や海塩が主成分の『バスソルト』

肌表面に幕を作り、乾燥を防ぐ『バスオイル』などもあります。

 

ユキめぐみ

乾燥には、スキンケア系・バスオイル

冷えには、炭酸ガス系・生薬・バスソルト

などが、オススメです。


  (↓クリックすると、スクロールします)

スポンサーリンク



保湿効果『無機塩類系』

温泉由来の成分

硫酸ナトリウムや、炭酸水素ナトリウム

炭酸カルシウムなどの、成分が含まれており

高い保温効果が、期待できます。

 

血行促進『炭酸ガス系』

お湯に溶かすと

シュワシュワと、泡が出るのが特徴です。

炭酸塩が使われ

高い血行促進効果が期待できます。

 

漢方の効果で、リラクゼーション『生薬系』

さまざまな、漢方成分を配合した入浴剤です。

自分の症状に合わせて、選ぶのがコツですが

共通して、血行促進効果と

香りによる、リラクゼーション効果が期待できます。

 

毛穴の汚れが落ちる『酵素系』

清浄作用が、期待できるタイプの入浴剤です。

パイナップル・パパイヤなどに、含まれる

タンパク質分解酵素などを、配合しているため

酵素の力で、毛穴の奥の汚れや

皮膚の表面の汚れを、落としやすくなります。

 

夏場にオススメ『清涼系』

ペパーミントオイルや、ハッカオイルなどを配合することで

ひんやりとした、感覚を与える入浴剤です。

 

乾燥に『スキンケア系』

保湿効果が期待できる成分が、含まれている入浴剤です。

入浴中に成分が、皮膚に浸透し

カサカサの肌を、潤す効果が期待できます。

乾燥する冬場に、特にオススメです。

 

スポンサーリンク







                            ↓ほかの方の、美容ブログがみたい!↓

 

-からだ

Top

Copyright© 綺麗になりたい! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.